人生を変える一歩を描くティファニー コピーショートフィルム公開へ

ティファニー コピーは”いい夫婦の日”とされる11月22日、ショートフィルム『ティファニー・ブルー』を公開した。

今回発表されたティファニー 偽物の作品は、結婚情報サービス「ゼクシィ」と制作したもので、脚本およびクリエイティブ・ディレクターは『君の名は。』や『世界から猫が消えたなら』などを手がけた映画プロデューサーで小説家の川村元気(Genki Kawamura)が務めた。

俳優の成田凌(Ryo Narita)と女優の杉咲花(Hana Sugisaki)を主演に迎えて送る約6分間のストーリーは、ティファニーブルーをテーマに男女の切なくも心温まるラブストーリーを描く。プロポーズに踏み出せずにいる男性と、プロポーズを待ち続ける女性の揺れ動く心――ロサンゼルスを拠点に活躍する注目のバンド「レイニー(LANY)」 の楽曲『Good Girls』とともに進む物語は、何気ない日常を映し出しながら、次第にプロポーズに至るまでの感動的なラストシーンへと向かう。

ストーリーの鍵となるシーンでは、130年前に考案され婚約指輪の代名詞として絶大な人気を誇るティファニー リング コピー「ティファニーセッティング」が登場。また、杉咲の首元には、恋のお守りとして人気のペンダント「エルサ・ペレッティ ダイヤ モンド バイ ザ ヤード」が輝く。

観終わったあと、誰もが人生を変える大きな一歩を踏み出す勇気をもらえる本作は来年2月22日まで公開。成田の貴重な生声プロポーズにも注目だ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です