ドーバー ギンザで新アクセサリーブランド「ラファエル キャノ」取り扱い開始

 
左)107,000円+税、右)ラファエル・キャノ

2014年12月13日(土)より、ドーバー ストリート マーケット ギンザにて、ジュエリーブランド「ラファエル キャノ(RAPHAELE CANOT)」の取り扱いが開始された。

デザイナーのラファエル キャノはパリ出身。カルティエやデビアスでキャリアを築き上げ、今現在ロンドンで活躍しているジュエリーデザイナーだ。

商品ラインナップは、リング、ピアス、ネックレス、ブレスレット。ダイヤモンドをシンプルでモダンなジュエリーデザインに落とし込んでおり、スタイリッシュでシックに身につけられるアイテム作りが特徴だ。

なお、彼女のコレクションはロンドン、ニューヨーク、東京のドーバー ストリート マーケットでのみ取り扱われる。是非、一度店頭でチェックしてみて。

from https://www.fashion-press.net/news/14272

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です