オリビア・バートンのアクセサリーライン、デイジーの花や蜂をモチーフにしたブレスレットなど

ロンドン発のフラワーウォッチブランド・オリビア・バートン(OLIVIA BURTON)は、アクセサリーラインを本格展開する。2018年6月8日(金)から、全国のエイチエムエスウォッチストア(H°M′S′′ WatchStore)およびオンラインショップなどで販売される。


3D Bee

ブランドのメインモチーフである、蜂やリボン、花を採用したアクセサリーラインでは、リング・ブレスレット・ネックレス・ピアスの4アイテムを展開。カラーバリエーションは、時計コレクションと同様に、シルバー、ローズゴールド、イエローゴールドを用意する。


3D Daisy

デビューを飾るのは5モデル。「3D Bee」は、ディテールまで繊細に表現したはねと、丸く愛らしいフォルムが絶妙なバランスの蜂モチーフが特徴だ。「3D Daisy」のブレスレットには、小ぶりで上品なデイジーの花が飾られている。


Vintage Bow

「Bee Blooms」は、様々な花を合わせて、花束のようにボリューミーなデザインで。リングには、蜂も姿を現す。その他にも、蜂とハニカムを組み合わせた「Honeycomb Bee」や、ヴィンテージテイストのロープリボンをモチーフにした「Vintage Bow」を取り揃えた。

アクセサリーは単品で身に着けるのはもちろんのこと、お揃いのモチーフがあしらわれたウォッチと合わせてコーディネートを楽しむのもおすすめだ。

from https://www.fashion-press.net/news/40389

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です