イッセイ ミヤケより、曲線美&ぬくもりを感じる木工アクセサリー限定発売 – 新宿や神戸で


左から) ブローチ、ネックレス 各16,000円+税、バングル 32,000円+税

イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)が、家具メーカーの天童木工と共に創作したアクセサリーを店舗限定で発売。新宿伊勢丹では2014年8月27日(水)から9月2日(火)までの期間、また青山や銀座、神戸の店舗では9月4日(木)から販売される。

山形県天童市で職人の組合からスタートし、1940年に創立した天童木工。薄い木の板を何枚も接着剤で重ねあわせ、自在に成形する技術である成形合板のパイオニアと呼ばれ、時代の要請に技術で応えてきた歴史をもつ家具メーカーだ。

广告
inRead invented by Teads

今回、天童木工の新しい技術にイッセイ ミヤケのアイディアが加わり、バングルに代表されるような曲線美と木のぬくもりが感じられる、スペシャルアイテムが誕生。今シーズン、「Rhythmatic Forest ―森の鼓動―」をテーマに、これまでにない新しいファブリックを用いて曲線を描き、森の持つ雄大な造形美を表現したイッセイ ミヤケは、木と向き合い、素材の特徴を最大限に生かす技術と、機能的で美しいデザインを探求する天童木工の姿勢に、同じモノ作りに携わるものとして共感。また、モノ作りに対する姿勢とテーマが共鳴し合い、今回のコラボレーションが実現した。


バングル 各32,000円+税

今回アクセサリーに使用した素材は、杉の木。柔らかく傷つきやすい杉は、毎日の暮らしの中で使われる家具へ利用することが難しいと言われてきたが、天童木工は杉などの間伐材を加工して成形合板として利用する新技術を研究開発。欠点とされていた強度と、繊細な曲線を描くデザインを兼ね備えた木製家具の新しい領域を開拓した。

from https://www.fashion-press.net/news/12457

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です